by
  • Comment:0
  • Trackback:0

最近のお気に入りは天然石や大きめのビーズ、たとえばチェコビーズなどをアーティスティックワイヤーでヘリンボーンのような形に巻くことです。

ヘリンボーン(herringbone)とはニシンの骨という意味ですね。

それが転じて魚の骨を図案化した模様ということのようですが、日本では杉綾格子(すぎあやこうし)とよばれ特に紳士服のコート地などにこの模様が織り込まれた物が使われていますね。ということは男前なのでしょうか。

herringbone1.jpg
天然石にワイヤーを巻いたヘリンボーンはこのような形になります。これをめがね留めの要領でつないで行きます。

ブラックオニキスにワイヤーを巻き巻きしてブレスレットにしたてました。

herringbone2.jpg

こちらはストックしてあったチェコビーズと赤い針の入った小粒のルチルクォーツでアレンジしてみました。
herringbone3.jpg

これらのブレスレット達は12月5日(日)に行われる代々木八幡神社の手づくり市に出品します。
留め具はマグネットを使いましたので、付け外しはとっても簡単。ぜひ、会場でお試しください。

お待ちしていま~す♪


ジョリ・マダムのサイトはこちらから
http://www.jolie-madame.com/
 使い勝手の良いアクセサリーが多数お待ちしております。ぜひ、ご覧くださいね。


読んでくださってありがとうございました。
皆さまにたくさんの幸せが訪れますように

ブログランキングに参加しています。よろしかったらポッチとしてください。
人気ブログランキングへ

ジョリ・マダム
Posted byジョリ・マダム

Comments 0

Leave a reply